建設業界は求人を出している企業も数多い|自分に合った職場を探そう

職業

建築士のお仕事

握手

建築事務所には一級建築士や二級建築士の資格を持った人がいます。手がけることができる建築物の規模は一級建築士と二級建築士ではかなりの違いがあります。ちなみに一級建築士ではなく二級建築士でも建築事務所を開業することはできます。
建築事務所の求人に新卒で入社したら、最初はどんな仕事をまかされるのでしょうか。大学や高校、専門学校を卒業して規模の違いはありますが建築事務所に入社すると、いきなり設計というわけにもいかないので最初は上司について勉強することになると思います。建築事務所は図面を書いたり設計したりといった机上のお仕事ですが、やはり実際に施工している現場を見ることは欠かせません。現場にいって設計図通り施工されてるか確認すると納得できることが多くなります。CADも学校で使ってると思いますので、簡単な図面などの作成や修正などをまかされるかもしれません。雰囲気や仕事の流れがわかってくるといろんなものが見えてくるようになり、やりがいも出てくるのではないでしょうか。

やりがいが出てくると、今度は建造物への制作意欲が出てきます。こうして、上司や現場の声を取り入れて一人前の建築士になっていくと言えるでしょう。建築士になっても、それで満足せず、新たな技法、斬新な発想を常に追い求めることが自身の成長へと繋がります。またそれが給料にも直接関わってくると言えるでしょう。いい仕事をしたら評価が上がります。評価が上がると給料も上がるので、楽しく良いモチベーションでお仕事することができるでしょう。

Copyright© 2016 建設業界は求人を出している企業も数多い|自分に合った職場を探そう All Rights Reserved.