建築業界の今

自民党の安倍政権によるアベノミクスの効果で公共工事の仕事が増えてきているのは確かです。それによって工事の仕事も多くなってきています。現場では職人の確保が大変な状況でまったく人手が足りないところも多いようです。

最近の求人状況を見ると、施工管理など現場仕事の求人が多いようです。建築関係の求人も多くなってきている中で、求人というのはどれぐらいあるのでしょうか。仕事と一口でいっても様々な職種があり、それぞれの業者が協力して一つの物を作っていくものですから、仕事でも求人には差があるでしょう。

建築関係の中で建築事務所というのは、主に建築物の設計や確認申請などを行う建築意匠の事務所のことをいいますが、ほかにもその建築物のデザインに携わるアート系の建築事務所などもあります。
アート系の設計事務所は芸術系の大学や専門学校を卒業した人に人気があります。建築事務所にも意匠設計のほか、構造設計や設備設計を専門に扱う事務所もあり建築事務所というのはそれらの総称になります。
意匠設計を専門にしていた人が次は構造設計や設備設計事務所に勤めたいといってもその専門知識がなければ難しいでしょう。
そのため設計事務所の求人に応募する際は、予め予備知識というものが必要となります。

OUT LINK

施工管理の求人サイトならコチラがオススメです。お考えの方ぜひこちらを御覧ください。


Comments (0) | Post Comment

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

Search


Pages


Calendar


Category